よくある質問

ハンドカットやポスト&ビームに使用する丸太材の伐採を見ることは出来ますか?

伐採作業を近くで見るのは危険も伴いますのでなかなか難しいですが、伐採して搬出された丸太を現地の近くで見ることは可能です。
主に使用している丸太材は静岡県産です。
ご契約後丸太材を発注させて頂き、伐採のタイミングがおおよそ連絡が来ますので、静岡方面まで来て頂ければ産地の雰囲気も感じて頂ける事と思います。

丸太の仮組みや加工作業を見ることは出来ますか?

是非見に来てください。
弊社加工場は長野ICから車で5分程度でアクセスも良く、冬季も見学可能です。
丸太の皮むきからチェーンソーでの加工、特殊な工具を使った作業などどんな作業を行っているのか是非見て頂きたいです。
丸太の皮むきなどはたいへん重労働ですが、体験で是非一緒にやってみませんか?
ご希望であればチェーンソーワークも体験でいかがでしょうか?

躯体のキット販売も可能ですか?

ハンドカットやポスト&ビームでもキット販売可能ですが、ポスト&ビームの場合は建て方作業も順番や金物の取付など知識も必要です。キット販売の際は是非建て方作業まで発注頂ければより安心です。キット販売の場合、上棟時まで立ち合いさせて頂きますのでご安心ください。

フィンランドログのマシンカットはどの様なサイズがありますか?

まず形状は角ログ・Dログが主な形状ですが、サイズは数種類あります。1本のログの高さはおおよそ18?ですが、幅が88?・113?・135?など各種あります。
また、ラミネート材・無垢材の両方可能ですので、ご希望・ご予算に合わせてお選び頂けます。

サッシはどの様なサッシですか?

ドア・窓類も様々取り扱っております。
ドアにつきましては木製ドアがほとんどですが、材種・デザイン・形状などご希望に合わせてご提案させて頂きます。また、ご希望に合わせた完全オーダー製作も可能です。
窓につきましては木製輸入サッシ・木製&樹脂サッシ・アルミ&樹脂サッシなど各種取り扱いをしておりますので、使い勝手・デザイン・質感などご希望をお聞かせください。

メンテナンスはどの様になっていますか?

新築時に数年先までのメンテナンス料金は頂いておりませんが、年に数回定期的に不具合の有無は無料でチェックさせて頂きます。またその際の細かな調整などは料金は不要です。
塗装につきましては、新築後2?3年で一度再塗装する事をお勧めします。(新築後の最初の再塗装は早めにしておくと、その後の傷みが違います)
その後は様子を見て数年間隔で良いと思います。外壁の様子によって再塗装の時期もお知らせしていきます。

建築予定地の木を伐採してログハウスを建築して頂けますか?

現地の木を使用する事は可能です。
その際、実際の木の径や長さ、曲り具合、使用できる本数などは事前に下見させて頂いた方が良いでしょう。その内容によって可能なプランをご提案させて頂きます。
その場合、伐採後一度加工場へ搬入し、加工後運搬して建て方作業へ進めるのが得策かと思います。

マシンカットログに太い丸太梁を入れられますか?

マシンカットに丸太梁、可能です。
その場合設計段階から計画していけると間取りにうまく合う箇所へ丸太材を入れられます。
また、階段を丸太階段にしたり、大黒柱を丸太にしたり、デッキの柱を丸太にしたり、様々な箇所へ丸太材を組み込むことは可能です。
プランニングの際にご希望を全て伝えてください。