2.ポスト&ビーム

長野県高森町 OD様邸

タイプ・用途
ポスト&ビーム・住宅
丸太
静岡産 桧
板材
レッドシーダー、杉、パイン
デッキ
レッドシーダー
その他
外部ドア=栗、洗面=栗、WC手洗いカウンター=山桜
塗料
サドリン(外部)ワトコ(内部)

【全体説明】
デッキ・ベランダからは南アルプスが一望でき、夏には天竜川の花火もよく見えます。道路側には意匠性も考え、玄関前にログ筋交いとケヤキ板の目隠しをデザインしました。


130217a

takamori_od2

リビング上部の吹抜けは、ケヤキ梁とケヤキ柱、桧丸太の梁で組まれ迫力満点です。レッドシーダーの壁板と曲りのケヤキ板のアクセントもいい雰囲気です。壁は白系にして室内を明るくしています。

高森町 OD邸takamori_od17

バーモントキャスティング社のアンコール。OD様邸は、これ一つで十分暖まり快適に過ごせる。ケヤキの上り框に腰をかけ薪ストーブの前でくつろげる。

takamori_od15

吹抜の手摺りには、耳付きのケヤキ材を使用。自然な曲線と木目が美しい。

takamori_od4takamori_od6takamori_od5

左)階段の踏板には耳付きの桧材を使用。階段下は収納として利用出来ます。
中央)栗材で作った勝手口ドア。ステンドガラスはお施主様の購入品をはめ込みました。
右)廊下とリビングの壁に組み込んだステンドガラス。同じサイズならステンドガラスの他、絵や飾りなど色々なものに組み替え可能。その下は、桧の耳部分の切り落しを利用した飾り棚。

od_img

角柱とその上部の梁はケヤキ材を使用。お施主様ご家族一番のお気に入りの場所でもあり、OD様邸一番の見せ場

takamori_od24takamori_od9

左)土間からリビング全体。床は幅広の杉フロアー。
右)2Fの一部屋のみ全面パインの板ばり仕様。

takamori_od10takamori_od14

左)1Fの部屋は一面全面収納に。
右)吹抜けまわりの手摺りは、全てケヤキの曲り材を使用。

takamori_od21takamori_od20

左)玄関ドアはアクセントにグリーン系
右)玄関ポーチには桧丸太で組んだログ筋交いとケヤキ板で目隠しを付けました。OD様邸の顔でもある。

takamori_od28

2Fフリースペースは、天窓により有効な採光がえられます。天窓にはソーラーバッテリー式のローラーブラインド付でリモコンでブラインドを上下できます。

takamori_od13takamori_od27

左)栗の無垢板を加工した洗面化粧台。右側の棚は壁内へ組み込みました。
右)トイレ内手洗いカウンターには耳付きの山桜の無垢を使用。自然な曲りをそのまま生かし、洗面ボウルも組み込みました。

takamori_od11takamori_od19

左)土間部に大きな棚を設け、様々な使い方ができます。下部には間接照明を設置してあり土間の足下を照らす。
右)リビングの一角。レッドシーターの板壁がいい雰囲気を出している。

takamori_od12takamori_od26

左)土間よりキッチン
右)ステンレスのキッチンが映える。コンロ横のモザイクタイルはお施主様のセルフビルド。

takamori_od1

キッチンの全面板ばり(レッドシーダー)がアクセントとなりいい雰囲気になっています。キッチンとリビングの床に段差をつけてカウンターの高さを使い易くしています。(カウンターは桧一枚板)

takamori_od18takamori_od25takamori_od7

OD様邸のドア類。左の勝手口ドアと右の玄関ドアは栗板より加工・製作品。センターのドアのステンドガラスは標準品です。