3.マシンカット

長野県 飯田市 I様邸

タイプ・用途
Dログマシンカット・別荘
丸太
フィンランドパインDログ
板材
レッドシーダー・パイン
デッキ
防腐剤注入材
その他
木製輸入サッシ使用、耳付き板材各種使用
塗料
外部 サドリンクラシック2回塗り、内部 (床のみ)ワトコティンバーレックス1回塗り

【全体説明】

パインDログに2F部分をレッドシーダーの羽目板材を縦張りにし、天井・軒天には登り梁を入れてあります。
レッドシーダーの縦張りがアクセントとなりとても良い雰囲気に仕上がっています。
内部は薪ストーブ・囲炉裏・2Fベランダ部への露天風呂など、充実した内容です。


iida_i1iida_i2

左)吹抜けには多くの窓が設けられ、採光抜群。
右)デッキの柱は国産桧の丸太柱。手摺り材はウエスタン・レッドシーダーを使用。広いデッキは全面屋根に覆われているので使いやすい。2F部分には露天風呂を設置してある。

iida_i3iida_i4iida_i5

左)奥行3mの広いデッキのサッシは観音開きでリビングと一体感がある。
中)ノミ1本手彫りの看板。
右)玄関入口に設けた目隠し兼用の飾り棚。

iida_i6iida_i7

左)トイレの手洗いカウンターにはケヤキの耳付き板を使用。手洗い鉢はオーダー手作り品で、水洗金具は漆を重ね塗りしたオーダー品。
右)2Fベランダ部へ設けた桧浴槽の露天風呂。壁材はレッドシーダー、スノコはウリンを使用。目の前には天竜川が流れる。

iida_i8iida_i9iida_i10

左)玄関の下足入れは、桧の耳付き板を使用し、ベンチ式に。

iida_i11iida_i12

小さいながらも、純和風の一室。囲炉裏の天板は栗の耳付き板で製作。本体はレッドシーダーの羽目板を使いアクセントに。自存鉤、掛軸は先代からの品物。上部の火棚も良い雰囲気を出している。

iida_i13iida_i14iida_i15

左)キッチンはシンプルながらも、背面のタイルは柄入りを使用。カウンターはケヤキの耳付き1枚板。
中)洗面台は、耳付きの杉板で製作。鏡もレッドシーダー材の端材で製作。
右)ロフトの窓からは、伊那谷の絶景が一望できる。

iida_i16